ー働くパパの育児奮闘記ー

このブログでは働くパパを応援するブログとなっています( *´艸`) 日々の生活のことや子どもの成長を中心に書いていきたいと思います☆ 趣味が読書と投資なので、そのことも書いていければと思います(*‘∀‘) とにかくゆるいブログではありますが、よろしくお願いします(/・ω・)/

Tag:考え方

こんばんは(*´ω`*)

今日は以前読んだことのある本で、
自分にとって引っかかる文があったのでそれをまとめてみました📚

その本がこちら↓



ビジネス書でもあり自己啓発本でもあると思います(*´ω`*)

  • ピンチは考え方次第で、チャンスとなる。
  • 成功するために必要なのは、行動力。
  • 悩み続けているだけでは、何も変わらない、。
  • 挫折か人生の転換点かは自分次第。
  • 環境の変化は自分を向上させる。
  • マイナスのことを考えていたら、マイナスのことが起きる。
  • なにをやるか、どうやるか、徹底改善。
  • 一人の努力には限界がある。人付き合いも含めた「環境」が大事。
  • まずはしっかりリサーチして取り組む。そうすることで要する時間や労力を短縮できる。
  • 一番は成功しているプロに学ぶ。
  • レベルの高い環境にいくことで自分のレベルも高くなる。
  • お金を払ってでも自分より実績のあるプロのセミナーに行く。
  • 学ぶとは模倣から始まる。
  • 人は今よりレベルの高い環境で刺激を受けるのが成長にとって一番いい。
  • 感謝を結果で返し続けて親孝行する。
  • 目標達成への仕組みを作る。それをルーチンワークにする。
  • 常識どおり、まわりにあわせてやっていたら常識どおりの結果になる。
  • 自分の常識は必ずしも人には通用しない。
  • 信じるな、疑うな、確かめろ!
  • 理不尽な仕打ちを受けても、「あのときに比べれば」とポジティブに考える。
  • 多くの成功者は「思いは実現する」と言う。しかし、多くの人は心の底の無意識の部分では「できない」と思っていることが多い。
  • 夢か現実かわからないくらい妄想すれば、もはや実現したも同然のこと。
  • ずっと同じ環境、範囲にいることは心地いい。
  • 人は自分のコンフォートゾーンから出たがらない。
  • やらなければ何もかわらないし、どうしようもない。
  • インプット、アウトプットをしっかり行う。
  • お金より時間が大切。
  • 一人でパソコンだけで稼ぐ。5万円稼げたら、次はただで教える。それをいずれ売る。
  • お金を稼ぐには買う側ではなく、売る側にいなければならない。
  • お金と時間を手に入れるには、ビジネスか投資しかない。
  • 失敗したら次はどうするかを考えるだけ。
  • <企業の4原則>
  • 在庫を持たず、初期投資をかけず、利益率はたかく、安定するビジネス。
  • ワンソース、マルチユース=費用対効果
  • 得たい欲と、避けたい欲のどちらかを刺激すること。どちらかと言えば避けたい欲のほうが刺激しやすい。人はポジティブよりネガティブが強い。
  • 自分のやるべきことだけをやり、あとは人に任せる。
  • 時給換算の思考で考える。
  • 自分は成功するのだという信念を持つ=マインドセット
  • 現代の社会では意思力の強弱が人間同士の差を決める。
  • ダメなのは挑戦しないこと、あきらめてしまうこと。



こんな風に私は本を読むときは、気になった文やページをスマホに残しています

同じ本をもう一度読んで深く学ぶのもいいですが、
ちょっとした隙間時間にまとめたものだけを読むというのもまた面白いです

これからも読んだらまとめて記事にしていきたいと思います

こんばんは(*´ω`*)

今日も仕事に家事・育児お疲れさまです(。・ω・)ノ゙



 

我が家も相変わらず朝からドッタンコバッタンコでしたっ

息子が最近覚えた必殺「いやいや」と

「渡したものを離さない(おもちゃとかペットボトルとか)」のダブルパンチに加え、

私も朝ねぼうをしてしまいました

 

育児をしている方ならこの朝の状況が想像できると思います

その「いやいや」も子どもなりに目を閉じて可愛い声で言うので、

結局は妻と一緒に笑ってしまうんですけどね
( *´艸`)www

 

いやーしかし本当に朝は「時間と子どもの気まぐれ」との勝負だと思います。


 

ちなみに子どもが「いやいや」している時って、

みなさんどういう対応をしていますか?(気になる
www


もし、この方法いいよ!試してみて!と、思うことがあれば教えてください。

片っ端から試したいと思います
()

 

イクメンという不思議な言葉


みなさん、「イクメン」という言葉、聞いたことありますか?

イクメンと呼ばないで ニブンノイクジ [単行本(ソフトカバー)]

一昔前までは(今も?)女性は「家事・育児」を中心とし、

男性が「仕事」をする。といった考えが当たり前のようにありました。

なんなら、女性はそれに加えて仕事をしているパワフルな方もいらっしゃいます。


 そんな中、最近では育児に積極的に関わる男性のことを

「イクメン」というようになってきました。

芸能人でも「イクメンパパ」と呼ばれる方々がいらっしゃるほど、

この言葉は世間一般的に浸透してきたのではないかと思います。

 

ですが!

この言葉…本当に不思議だと思いませんか?

 

特に「自分は仕事もしているけど、妻の家事・育児の手伝いも積極的にやってるぜ!」

と、思っている男性の方
()

まさか、皿洗いすらたまにしかやらないのにそんなこと思ってませんよね?()

 

正直、同じ男として気持ち悪い&とっても恥ずかしい言葉です(/ω\)

 

たぶん家事・育児を主に行っている女性の方はほとんどが、

私の言いたいことが↑の言葉でわかると思います
()

 

少し長くなりそうなので、なぜ私が「イクメン」という言葉を不思議に感じるのかは

次回書いていこうと思います( ・Д・)

イクメン」という不思議な言葉②

みなさんは「イクメン」という言葉、どう感じていますか?(´・ω・`)


イクメン」という不思議な言葉②

 



↑このページのトップヘ