ー働くパパの育児奮闘記ー

このブログでは働くパパを応援するブログとなっています( *´艸`) 日々の生活のことや子どもの成長を中心に書いていきたいと思います☆ 趣味が読書と投資なので、そのことも書いていければと思います(*‘∀‘) とにかくゆるいブログではありますが、よろしくお願いします(/・ω・)/

Category: 思うこと




こんばんは(*´ω`*)haisaiです☆

2019年が始まってもう7日目・゚・(ノД`;)・゚・
昔は時間が過ぎるのが遅く感じたのに、今は毎日が瞬間で過ぎていく...歳とったな。




さて、今日は友人との会話の中で面白いことがあったので紹介します(笑)

それはタイトルにもあるように「妊婦さんに対しての考え方の違い」です。

妊婦は女性しか体験できない特別なこと。

ーそれは男が考えるよりもはるかに嬉しい事や、辛いことがあるはずーーー


※男2人だけの会話だったので完全に男目線での考え方・意見になりますwww)




話のきっかけは、友人の奥さんが最近妊娠したという話から始まります。

ぼくは素直に「おめでとうございます( *´艸`)」と伝えました。

すると話は必然的に奥さんの「体調の変化」や「仕事」についてへ。

初めての妊娠でしかも妊娠初期でということもあり、

奥さんは不安や体調がすぐれないなどの話をしていました。


ここまではよくある話。


問題はここから


途中ぼくが、

「赤ちゃんができると自分の時間とか、今までの自由に使えていた時間がごっそりなくなるよww」

と話すと、友人は「じゃあ、今のうちの飲み会とか地元の友達と遊んでおこう」と言いました。


ぼくはこの言葉に違和感を覚えます。

ぼく
「奥さん妊娠してるのに飲み会?ww

妊娠とか赤ちゃんが産まれてからもそうだけど、初めが肝心だよ」

友人
「それは知っているよww最近は奥さんが体調がきつくてご飯作れないから、

俺が仕事から帰ってご飯とか洗濯してるし。でも文句ばっかり言われる(笑)」


話を聞いていくと奥さんが妊娠してからは、主な家事をぼくの友人がやっているとのこと。

しかし奥さんが帰ってきて「家事をやった」ことを先に伝えると、

奥さんからは

「家事をやってくれることは本当にありがたいけど、

私が求めているのはそうじゃない。

もっと先に言うことあるでしょ」と、

言われるそうでそれに対して友人は愚痴を言っていました。


この時点で奥さんが何を求めているのかわかりますか?パパさん(笑)

これを知っているのといないのとでは大きく違います。


それは「自分(妊婦)の体調を先に気遣ってほしい」ということ。

この場合わかりやすく言えば

「妊娠して体調の変化で大変なのに、仕事に行ってきた自分のことを先に気に掛けてほしい」

ということです。


ぼくが友人に

「たしかに。先に言うことあるかもwww。

体調大丈夫だった~?とか、きつくなかった~?とか」

すると友人は、

「そうそれ!それを言われた!ww

でもこっちはそれを考えて家事をやってるのに、

文句を言われて喧嘩になった。

こっちだって奥さんのこと考えてやってるのに」とのこと。


奥さんの言い方もあるかもしれませんが、

ぼくが思うにここで大事なことは「妊娠している奥さん」です。

友人が仕事から帰って家事をしているというのは、

僕にとっては普通のことですごいとか偉いとかはありません。

だって一緒に生活をしているから。

この場合、もし自分の成果を伝えるよりもまずは

「奥さんの体調を気遣う言葉」をかけてから、

「家事も終わっているよ」と伝えるとどうなったでしょうか?

もうわかりますね(笑)


奥さんからすると「自分のことを先に気に掛けている。

さらにしんどい家事までやってくれた」と喜んでくれたと思います。


ここで「自分も家事をやったんだから認めてくれてもいいのでは?」と思う男性もいます。

しかし一緒に住んでいる以上それは当たり前のことであって、

いちいち先に言うことでもありません。

逆に奥さんを気に掛ける言葉を言ったほうが、

例え家事が終っていなくてもやってくれていることに感謝されたでしょう。


女性は妊娠をしているという主観的な目線で見ることができますが、

男性側からは客観的にしか見ることができません。

なのでぼく自身も妊婦さんの実際の大変さはわかりません。

多くの男性は妊婦さんが「つわりで気持ち悪い」ことや

赤ちゃんのことを考えて「行動を制限することの大変んさ(飲み会の制限とかwww)」

などはあまり考えることができません。

というか実感がないので考えるというところまでたどりつけない?と言った方が正しい。


世の中は「男って家事・育児しないよね」って言われているけど、

こういうところから

少しずつ変わっていったらいいなと思う。


すごい無理矢理な感じで終わらせたけどwww

今回も長々とお付き合いありがとうございました。


おはようございます( *´艸`)haisaiです☆




朝っていいですよね。

静かで空気も澄んでて気持ちいいし、朝日を浴びると今日も一日が始まるって感じ。

毎朝バターコーヒーを飲みながら、景色のいい場所で新鮮な空気を吸い、

朝日を浴びて、ゆっくり執筆したりブログ書いたり。

それから起きてくる妻と子どもと一緒にご飯を食べて、

登園もゆっくりとする。お昼ご飯食べて、好きな本読んで。

夜は夜景とか月夜がきれいに見える海に行ってボーッとする。

そんな毎日ゆっくりとした自由気ままな生活がしたいなぁ。


毎日毎日仕事に追われて、

一度しかない人生を会社に使うのはもったいなさすぎる。

上司の機嫌ばかりを気にして、行きたくもない会社に毎日出勤。

溜まるのはストレスだけ。

完全に他人時間を生きてるよなって思う。


働いていろんな人と出会って、考え方や社会を学ぶのはとっても大切だけどね。

社会性が身に付かないと大変なことになっちゃうから。


それが理想だよね~。でも現実は…って言って、

何もせずに諦めている時点でもう終わり。

それでもなんとかしようとするから紆余曲折あっても前に進める。


だけど本当にこんな今の生活でいいの?

疑問に感じながらも何も変えようとしない自分のままでいいの?

って、以前より強く思うようになってるのは確実。


人は年齢を重て大人になるにつれ、

幼稚園や小学生の頃のようなワクワク感を失っていく傾向にある。

いつからか他人を気にして無難に生きることを選び、

自分のやりたくない仕事に文句をいいながらやっている。

辞めればいいのに周りが、家族が、親戚が、友人が、恋人が家族がと

言い訳ばかりをしている。

辞めたいのに新しいことにチャレンジしたり、

新しい環境になることに不安や恐怖を感じ、

それにめんどくささも加わり結局何も変えずに毎日を生きている。

ワクワクすることってなんだったっけ?

どういう感覚だったかさえ思い出せなくなる。

一つのことに夢中になってやっていた、あの感覚。

人付き合いが増え、社会的経験が増えていくたびにその感覚を忘れていく。

そしてワクワクすることを見つけることすら億劫になり、

本当の自分を忘れ、見つけられずに死ぬ。

さらに大切な人を失って初めて、

自分の人生をいかに生きるかが大切
だという本質に気づき、

遅かったと後悔する。

そんなんでいると自分が死ぬ瞬間にも、

ああすればよかったと後悔を残し死ぬんだろうな。

そんな人生でいいのか。

でもそんなことを考えるのさえ億劫になる。

すべてがめんどくさい。

いつか何のキッカケで劇的な変化が起こらないかを期待し、

結局自分では何もやらずに同じ毎日を文句を言いながら過ごす。

自分で行動しなければ何も変わらないのに。

何も変えようとしない。

めんどくさいから。
人間ってそういうもの。

その瞬間は「よし!やってやる!」と意気込んでも、

眠ってしまえば次の日にはそのことさえ忘れてる。

それでも今の現状から抜け出したいから、

本を読んだり、
宗教にはしり精神的な安定を得ようとする。

精神的な安定はしても現実のやっていることら変わらず、

何も変わらないと錯覚し絶望し自信をなくしていく。

こんな感覚の人ってけっこう多いんじゃないかな?

じゃあどうすればいいか。

自分を変えるのは、行動のみ。

始めるのに遅すぎることはない。

いまこの瞬間こそが一番始めるには早い段階。

後悔しないために。

世界を楽しむために、もっと自由に。

DSC_0351 (2)



こうやって海を眺めたり、

景色のいいところに来るとただぼんやりと眺めていたくなる。

日が沈んで綺麗な星空がでで、また気持ちのいい朝日がくる生まれ育った地元。


楽しかった昔のことを思い出したり、

毎日こうして自由にいたいなぁって思ったり。

人生まだまたこれからだけど、いろんなことを考える。


仕事やお家のこと、心配事に追われて、本当にゆっくりとした時間が持てない毎日。

若いときはこういった生活が待っているとも知らず、

ただ仕事をバリバリこなして、心の底から充実した日々が送れるものだと想像していた。


ずっとずっと自由になりたい!もっと自由になりたい!っていう思いがあるものの、

現在何もできてない自分が嫌にもなる。

失って初めて気づくこともたくさんあった。

自分は何をしているんだろう?何のために生きてるんだろう?

やるべきことは?達成すべきことは?って考えてしまう。


ただ毎日を忙しく過ごして、生活のためだけに働いて歳をとって、

普通に死んでいくのは嫌だ。心の底からそう思う。


もっと楽しく。


家族との時間を増やし、

親孝行をして精神的にも経済的にも余裕のある生活がしたい。

仕事場で上司に機嫌をとりペコペコ頭を下げ、

社畜として有限である時間を拘束されて…これが一生続くのかと思うとゾッとする。


働けば働くほど出来ることは増えるけど、そのぶん責任も残業も増えるばかり。

人生は一度きり。

どうせ過ごすなら自分のしたいこと、納得のいくことに人生も時間も使いたい。

もっと大切な家族との時間を増やし、自分の時間を大切に使いたい充実させたい。

心に余裕を持ち精神的な充実を得たいたいんだろうな、自分は。

そのためにすべきことはわかっている。

一日の半分近くを拘束し、ストレスの原因となる

「仕事」を変えるか「方法」を変えるかのどちらかをやること。


将来やりたいこととして資格を取らせてもらい勤務もしているけど

少し前からこんなはずじゃなかった思う自分もいる。


親孝行がしたい。家族との時間がもっとほしい。
自分に投資することが仕事と言いたい。

この先何が待っているのか、何が起こるのかわからない。

だけどやるしかない。

世界を、自由を楽しむために。


まずは自分の今置かれている現状の把握と分析。
そしてマインドセットから。

↑このページのトップヘ