ー働くパパの育児奮闘記ー

このブログでは働くパパを応援するブログとなっています( *´艸`) 日々の生活のことや子どもの成長を中心に書いていきたいと思います☆ 趣味が読書と投資なので、そのことも書いていければと思います(*‘∀‘) とにかくゆるいブログではありますが、よろしくお願いします(/・ω・)/

Category: 日常生活

こんにちは(*´ω`*)haisaiです☆

ネットサーフィンをしていたらこんなものを見つけました。

2020年から小学校で必修化となるプログラミングを、ご家庭で楽しく学ぶことができる、 レゴ(R)ロボットの教材セットです。 世界80カ国以上の教育機関で採用される世界標準の教材で、多くの子どもが幼い頃から慣れ親しんでいる レゴ(R) ブロックと自由にプログラミングができるデジタル技術が融合した教材です。 ロボットを組み立て、実際に動かすことで、ものづくりとプログラムの基本を学ぶことができます。 トライ& エラーを繰り返す中で、思考力や問題解決力といった、これからの社会で必要とされる力が身につきます。 組み立てやソフトウェアなどの基本的な使い方からプログラムの作り方、 学習のすすめ方などを解説したガイドや、お子様1人でも取り組める発展的な課題を掲載したワークブックもついて、 ご家庭での学習をすぐに始められる内容になっています。


【親子で取り組める】 必修化されても子供がわからないことを教えることができないという不安をお持ちの保護者の方も多く、 家庭で学べることで親子一緒に取り組め、お子様の成長をすぐそばで見守ることができます。
【親子で取り組める】 必修化されても子供がわからないことを教えることができないという不安をお持ちの保護者の方も多く、 家庭で学べることで親子一緒に取り組め、お子様の成長をすぐそばで見守ることができます。 【時間とコストの効率化】 ロボット教室に興味があるけれど、近くにない、スケジュールが合わない、 費用が高いなどの問題で習い事として取り組むのが難しい方にもおすすめです。




え???( ゚Д゚)小学生でプログラミング?だと?

ぼくが小学生の時はPCでキーボード操作だったり、

エクセルやワードの使い方だったりとかなり初歩的なものだったのに(笑)

時代が時代なのかなぁと強く思い知らされました。

今では小学生でもスマホ持っている子を見かけても、

昔よりは何とも思わなくなってきたし珍しくもない(笑)

妻に聞けば友人の子(3歳)は、親のスマホを使ってYouTubeを見ているとのことwww


でも確実に言えることはこれからの時代は「IT」が仕事の中心になること。

AIも進歩してきているし、

小学生からプログラミングを少しでも触っておかないと時代遅れになるのは必須。

契約書や資料が紙中心の時代にPCが導入されたときの年輩方の衝撃はすごかったと思う。

それに比べて小さい頃からPCに触れている若者はとくに衝撃を受けることもなく、

逆に先輩たちにPCの使い方を教えている時代もあった。

それを考えるとできるだけこういったプログラミングに早く触れさせておくと、

後々有利にはなるだろうな。

ぼくも子ども(現在1歳半)が幼稚園や小学生になるころには確実に何かさせていると思う。


これからは好きなことややりたいことが仕事になる時代。

AIの進化で現在の仕事の60%は、全く新しい仕事にとって代わる時代になるらしい。

現に昔はユーチューバーなんて仕事はなかった。

それなのに小学生のなりたい仕事ランキング1位になったりする。

ある意味どんな仕事が出てくるのか楽しみだけど(笑)

とにかくいろんなことに触れさせて、楽しいと思えることを見つけてほしいなぁ( *´艸`)





難しそうだけど、自分で考えて組み立てるという作業はなかなか面白そう☆


どーも、お久しぶりhaisaiです( *´艸`)


年末年始は親戚回りや忘年会とバタバタで、

全くブログが更新できませんでした

毎日「今日はこのことを書こう」と思っても、

結局やらずに終わって…(≡ω≡.)

毎日更新している人が本当にすごい...(≡ω≡.)(≡ω≡.)

いつも思うけど、毎日更新できる人ってどうやってるんだろ?ってなる(笑)

プロやblogを主に収入源としている方は別として、

一般的に働きながら毎日ブログを更新している人の時間術的なの知りたいwww






さてさて、2019年になってしまいましたね( ・Д・)

皆さんはもう今年の目標とか決めていますか?( ・Д・)


ぼくはあれがしたい、これがしたいと毎年思っていても、

結局思っているだけで「今年もできなかったぁ~」と陥るパターンの人です(笑)

そして、今年こそは!とか考えるけど、

ご飯食べて、寝て起きたらもう忘れていますwwww



だだね、去年の後半あたりからずっと考えていることがある。

それは、「家族との時間を増やすこと」「自由な時間を増やすこと」の二つ。


過去のブログを見ている方はわかると思いますが、

当たり前のように毎日朝から晩まで働いて、

気持ちに余裕がない状態で子どもと接して、

明日の仕事のために寝て起きて、

朝からバタバタ子どもの準備をして、

金曜日と給料日が来るのを待ち遠しくしている人生って

どうなんだろうって思うようになってきている。

妻子がいる中で、
仕事があることや給料が毎月きちんともらえるのは本当にありがたいし

恵まれていると思う。


だけど…ね?(苦笑)


やっぱり自分の人生の中で大事なものは何かと聞かれたら

「家族との時間」と思ってしまうわけ。

子どもの成長をゆっくりと見守る余裕が欲しい。


じゃあ、現状を変えるにはどうしたらいいの?ってなるよね。

ぼくはチキンだからすぐに会社を辞めるという選択肢はない。

でもそれだとこのままの現状は変わらない。


ではどうするか?

一言で言えば、「収入源を複数化」するってこと。

それ「副業じゃねーか!www」ってなるけど、

副業とかのレベルじゃなくて本気で自分のできるかぎり

「収入源の複数化」を実施していく。

これがぼくの今年の目標。
(`・ω・´)

全ては「家族との時間を増やす」ために!(`・ω・´)ドヤー

 


この本に面白い言葉がありましたww


「水を汲むより、川を掘る。」


気になる方はぜひ買ってみてください。

何度読んでも面白く、やるに気させてくれる僕のおすすめの一冊です📚

今日も最後まで読んでくれてありがとうございました。

こんにちは(*´ω`*)haisaiです☆

今日は子どもの予防接種について

子どもが産まれてから避けては通れないもの

それは「予防接種」

ただでさえ慣れないお家での育児なのに、

外に子どもを連れ出す(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?だと?...

正直、不安(笑)

荷物は?待っているときどうする?おむつやミルクは?
子どもを抱えたまま会計できるかな?...など。


わかります!。・゚・(ノД`)。゚

その「病院に着き、注射を終え、無事にお家に戻ってこれるか」

というその気持ち(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

一つの試練と言っても過言ではないと思います(笑)


次の記事で予防接種に連れて行くにあたってを書いていきます。


おはようございます( *´艸`)haisaiです☆



ぼくはあまりテレビを観ないのですが、

先日帰宅すると妻が「ぱぱのすごい興味ありそうなのやってたよ!」

と言うので、アメトーークを観ました📺



アメトークでのキングコングの西野さん。

すごい。

すごすぎる。

絵本にや美術館に始まり、成人式のリベンジやサロンなどの実業家的なトーク。

さらに給料のことで自分のために提案するならわかるけど、

先輩方の~って(
o゚Д゚ノ)ノ

それが5000人だから、相当な相当な労働力と時間が投入されるし、

それを給料に還元するって発想がもう実業家。

お金に興味がない。

こういうことをやったら未来は楽しいだろうな。

人のために提案する。見返りを求めない。


こういった人がさらに上がっていくんだろうな~(о´∀`о)


東野さん「新世界の創造主」と言っていましたね(笑)

私たちって「見たいように世界を見ている」のが現実で、

自分で何とかしようって意識はあまりないんですよね。

先輩方は行動はした(社長に給与の引き上げを交渉)けど、

結果は「社長が給料をあげてくれない」

と給料が上がらないのは社長が認めてくれないからだ!

で、
終わったんだなと思います。

一方で西野さんは、「
じゃあどうするか」を考えた。

相手があげてくれないなら、

自分で稼げばいい」と実際に行動に移したわけです。

本当にすごい。

それから少し調べると、

西野さんがやっているサロンがあることを見つけました。

気になりすぎて思わず検索し入会条件などを見てしまいました。

おそらくこのアメトークをきっかけに、

僕と同じように検索をして入会する人もいるだろうなぁ(*´ω`*)

すごい刺激受けそうだし、安さも魅力的で実際に僕も迷っています(笑)

人生を変えるのは、自分の行動のみ。

今回のことに限らず、すべてのことに共通していそうですね(*´∀`)♪

ではこの辺で~(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪

いつもまとまりのない文章を読んでくれてありがとうございます(。´Д⊂)

こんばんは(*´ω`*)はいさいです☆





まだ「イクメン」という不思議な言葉①を読んでいない方は、こちらからどうぞ。


では続きです。

昔は男が稼いで、女が家を守るのが一般的だったからその名残なんでしょうね。

いつまでもそうやって昔の考え方でいると、

相手に不満が溜まる一方で全くいいことはありません。

 

むしろ自分で家事・育児をすることで、そのスキルもあがるし、

将来子どもが一人暮らしや結婚をしたとき「家事って自分でやるものじゃないの?」

とやること自体が当たり前の感覚になっていると思います。

子どもは親の姿や言葉を「見て・聞いて」覚え成長していきます。

家で起こっていることは、子どもにとっては当たり前の環境とになるのでとても大切なことです。

 

要するに重要なのは、育児・家事に対する男性側の意識。

 

家族はチームプレイです。

 

Team(チーム)の文字にi(私)はありません。

よく子どもをもつ父親が「自分(
i)には無理」と言いますが、

無理とか無理じゃないとではなくて「やる」こと。

何度もやってみてそれでもだめならせめて「苦手」ぐらいのレベルにしてはどうでしょうか?

でもやってみると意外とできたりするんですけどね
( *´艸`)

そしてチームの本来の意味は

Together(一緒に) Everyone(みんなで)Achieve(成し遂げる)Miracle(奇跡を)」です()

 

だだ一つの違いがあるとすれば、

それは「子どもの気まぐれに対する親の役割」だと思います。

つまり、子どもが夜中ママの抱っこでもぐずるようならパパが代わる。

パパと子どもが遊んでいて、途中から家事をしているママと

子どもが遊びたいと言ってきたらパパが家事を交代するなどです。

この時重要なのは、男性側の翌日仕事だからとか今日疲れているとかは全く関係ありません。

あなたの都合は聞いていません。子どもがぐずればほぼ確実ママは起きます。

全く家事・育児をやらないあなたが今まで夜眠れているのは、奥さんの優しさがあるからです。

 

文章にすると伝わりにくいですが、

要は「子どもの全てに責任を果たせ」と言いたいのです。

もちろんママが専業主婦でお家と子どものことは任せて!と、

きちんと話し合いができていれば任せていもいいと思います。

それもチームプレイの1つとも言えます。

しかし、普段からその言葉に甘えすべてを任せっきりにしていると、

いざママが体調を崩した日には何もできないパパがいるだけです。

どんなに仕事ができお金を稼いでも、ママとの信頼貯金には勝てません。

子どもとの思い出もママより少なくなるでしょう。

 

大事なのでもう一度言います。

家族はチームプレイです。

 

もし今まで仕事ばかりしお家のことを見ていなかった、

手伝うという感覚でいたという心ありのあるパパがいればまだ間に合います。

今日からでも少しずつ関わるようにしてください。

そして、ママをねぎらってください。

くれぐれも「ごくろうさま」とか上から目線はダメですよ
()

 

長々とまとまりのない最後になりましたが、読んでくれてありがとうございました。

 

 


↑このページのトップヘ