こんばんは(*´ω`*)haisaiです☆

2019年が始まってもう7日目・゚・(ノД`;)・゚・
昔は時間が過ぎるのが遅く感じたのに、今は毎日が瞬間で過ぎていく...歳とったな。




さて、今日は友人との会話の中で面白いことがあったので紹介します(笑)

それはタイトルにもあるように「妊婦さんに対しての考え方の違い」です。

妊婦は女性しか体験できない特別なこと。

ーそれは男が考えるよりもはるかに嬉しい事や、辛いことがあるはずーーー


※男2人だけの会話だったので完全に男目線での考え方・意見になりますwww)




話のきっかけは、友人の奥さんが最近妊娠したという話から始まります。

ぼくは素直に「おめでとうございます( *´艸`)」と伝えました。

すると話は必然的に奥さんの「体調の変化」や「仕事」についてへ。

初めての妊娠でしかも妊娠初期でということもあり、

奥さんは不安や体調がすぐれないなどの話をしていました。


ここまではよくある話。


問題はここから


途中ぼくが、

「赤ちゃんができると自分の時間とか、今までの自由に使えていた時間がごっそりなくなるよww」

と話すと、友人は「じゃあ、今のうちの飲み会とか地元の友達と遊んでおこう」と言いました。


ぼくはこの言葉に違和感を覚えます。

ぼく
「奥さん妊娠してるのに飲み会?ww

妊娠とか赤ちゃんが産まれてからもそうだけど、初めが肝心だよ」

友人
「それは知っているよww最近は奥さんが体調がきつくてご飯作れないから、

俺が仕事から帰ってご飯とか洗濯してるし。でも文句ばっかり言われる(笑)」


話を聞いていくと奥さんが妊娠してからは、主な家事をぼくの友人がやっているとのこと。

しかし奥さんが帰ってきて「家事をやった」ことを先に伝えると、

奥さんからは

「家事をやってくれることは本当にありがたいけど、

私が求めているのはそうじゃない。

もっと先に言うことあるでしょ」と、

言われるそうでそれに対して友人は愚痴を言っていました。


この時点で奥さんが何を求めているのかわかりますか?パパさん(笑)

これを知っているのといないのとでは大きく違います。


それは「自分(妊婦)の体調を先に気遣ってほしい」ということ。

この場合わかりやすく言えば

「妊娠して体調の変化で大変なのに、仕事に行ってきた自分のことを先に気に掛けてほしい」

ということです。


ぼくが友人に

「たしかに。先に言うことあるかもwww。

体調大丈夫だった~?とか、きつくなかった~?とか」

すると友人は、

「そうそれ!それを言われた!ww

でもこっちはそれを考えて家事をやってるのに、

文句を言われて喧嘩になった。

こっちだって奥さんのこと考えてやってるのに」とのこと。


奥さんの言い方もあるかもしれませんが、

ぼくが思うにここで大事なことは「妊娠している奥さん」です。

友人が仕事から帰って家事をしているというのは、

僕にとっては普通のことですごいとか偉いとかはありません。

だって一緒に生活をしているから。

この場合、もし自分の成果を伝えるよりもまずは

「奥さんの体調を気遣う言葉」をかけてから、

「家事も終わっているよ」と伝えるとどうなったでしょうか?

もうわかりますね(笑)


奥さんからすると「自分のことを先に気に掛けている。

さらにしんどい家事までやってくれた」と喜んでくれたと思います。


ここで「自分も家事をやったんだから認めてくれてもいいのでは?」と思う男性もいます。

しかし一緒に住んでいる以上それは当たり前のことであって、

いちいち先に言うことでもありません。

逆に奥さんを気に掛ける言葉を言ったほうが、

例え家事が終っていなくてもやってくれていることに感謝されたでしょう。


女性は妊娠をしているという主観的な目線で見ることができますが、

男性側からは客観的にしか見ることができません。

なのでぼく自身も妊婦さんの実際の大変さはわかりません。

多くの男性は妊婦さんが「つわりで気持ち悪い」ことや

赤ちゃんのことを考えて「行動を制限することの大変んさ(飲み会の制限とかwww)」

などはあまり考えることができません。

というか実感がないので考えるというところまでたどりつけない?と言った方が正しい。


世の中は「男って家事・育児しないよね」って言われているけど、

こういうところから

少しずつ変わっていったらいいなと思う。


すごい無理矢理な感じで終わらせたけどwww

今回も長々とお付き合いありがとうございました。